テクノMIXES情報ブログ          (BODYブログ)

_

外国サイトでダウンロードしたMIXES曲をURLと説明で紹介
HOUSE/TECHNO/TRANCEのMIXES/MP3情報たっぷり!
またテクノについても語っていきます。古い記事でもコメント歓迎
 
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   Today: 
Yesterday: 

ブログ更新を早めたいなら
クリック協力を↓

ブログ村音楽

こちらにも協力を↓ 月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
サウンドハウス
↑DJ機材お買い物にはぜひ

管理人のサイトに行く

管理者編集画面

カウンタ提供eucaly.net

45Radio.com

RSS1.0

Atom0.3

JUGEM

(株)paperboy&co.

アンケート
第一回:好きな(MIXES)ジャンル
HOUSE全般系
TRANCE 一般系
TRANCE PSY系
PROGESSIVE系
TECHNO系
BREAKS系
DNB系
HARDCORE系
DOWNTEMPO系
RAP系

トランスジャンルごちゃ混ぜMIXES
えーと、
ちょっと面白い『トランス』のMIXESです。

今回「面白いなぁ」と思ったのは『ゴアトランス』や、『ハードトランス』、『サイケデリックトランス』に、『トランスアンセム』、『プログレッシブ』まで、トランスのジャンルがほとんど全部入っているMIXESを紹介。

ある意味本来のトランスをジャンルを問わずMIXして入れちゃってるので、トランスに詳しい人は、「これ何々トランスだ!」とか言いながら、聴くのが面白いかも。
有名アーティストの名曲ばかりだし、まったく違ったジャンルがガンガン入ってるのに違和感なく聴けるのはすごいなぁ(関心)

90M↓
試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。無くなっていると試聴もできません。)
ttp://paulway.d0gz.net/02%20-%20Aleph%20One.mp3

90M↓
試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。無くなっていると試聴もできません。)
ttp://paulway.d0gz.net/19%20-%20Supersonic%201%20d%20160kbps.mp3

70M↓
ttp://paulway.d0gz.net/
10%20-%20On%20The%20Wings%20Of%20The%20Storm.mp3


70M↓
ttp://paulway.d0gz.net/
12%20-%20Journey%20to%20the%20Centre%20of%20the%20Mind.mp3


70M↓
ttp://paulway.d0gz.net/14%20-%20Hyperdog%20mix%202003-02-06.mp3

70M↓
ttp://paulway.d0gz.net/15%20-%20Machine%20Insanity.mp3

100M↓
ttp://paulway.d0gz.net/16%20-%20Club%20Mix%202003.mp3

70M↓
ttp://paulway.d0gz.net/17%20-%20Beyond%20Lightspeed.mp3

 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACK LISTは続きを読むで
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 17:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
プログレッシブ・トランスMIXES6
今日もとりあえず、『プログレッシブトランス(Progressive Trance)』でもどうぞ。

Greg Benz(グレッグ・ベンズ)さんのMIXESです。(Benz & MD)
プログレッシブトランス界の若きエース的な彼なんですが、最近よく名前を聞くので知っている人も多いのでは?
そんな彼のホームページにてMIXESが3つほど公開されています。
 若干控えめなトランスですね。
Greg Benz WEB SITEはこちらです。

聞き耳を立てる80M↓
http://www.gregbenz.com/mp3/a.zip

聞き耳を立てる110M↓
http://www.gregbenz.com/mp3/b.zip

聞き耳を立てる100M↓
http://www.gregbenz.com/mp3/c.zip

(本人のサイトなので直リンクは避けています。)
途中に『プログレッシブハウス』とか入ってるけど、いい感じですね。

また、hybridized.orgのホームページでも
Greg Benz - Aurium October 2005 Mix」などのMIXESが公開されています。
http://www.hybridized.org/sets/?id=296&download=376

http://www.hybridized.org/sets/?id=296&download=374



 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

最近プログレッシブばかりなので、そろそろゴアとかサイケでも久々に紹介するかな。。。
| DJ_MIXES曲DL_03 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
ミニマルテクノMIXES1
『ミニマルテクノ(Minimal Techno)』について紹介していきましょう。

ミニマルテクノとは?
『ミニマルテクノ』は通称『ミニマル』と言われるジャンル。
音はテクノらしい実験的な音が魅力なジャンルで、同じ音が何度も繰り返し流れるテクノジャンルの1つ。
音の繰り返しの中にさまざまなアーティストの打ち込み要素が入るため、同じジャンルでもそのアーティストの好き嫌いが分かれる。
 そもそも、このジャンルは「テクノ中級者」から「上級者」が好む音楽ジャンルなので、コンピュータ音などの音を単体で楽しめない「テクノ初心者」にはあまりに理解不能であることが多い。
「BGMなどにも最適な、幻想空間音楽である」とも言われている。
DJは自分でレコードを回しながら、エコーやリバーブなどの機能を使って曲の雰囲気を作り出したり、「リズムマシン」と呼ばれる機材で音の追加や変化などをつけられるため、DJが自分で音を作り出したり追加したりできることも特徴です。

主にこのジャンルの周辺ジャンルは
『ミニマルテクノ』『ディープミニマル(Deep House)』『ミニマルハウス(Minimal House)/ミクロハウス(Micro House)』『ダブテクノ(Dub Techno)/テクノダブ(Techno Dub)』など。
どれも同じようなジャンルなので、一緒と考えてよいと思う。
簡単に説明すると、

『ミニマルテクノ』:音の繰り返しが気持ち良い、LOOP音楽。
『ディープミニマル』:ディープなき持ちの良いLOOPが入っているもの。
『ミニマルハウス/ミクロハウス』:ミニマルのハウス版。ハウスの4つ打ちが入っていることが基本とされている。掛け声などが入ることも多い。
『ダブテクノ』:ダブと呼ばれるリバーブなどやエコーなどのフィルタ要素が入っているもの。メロディがあるものも多い。
が似たようなジャンル。この4つはミニマルのDJが一緒に混ぜることが多いので、特に大きな区別はしなくても良い。

さらにスピードと激しさを追加した『ハードミニマル(Hard Minimal)』と呼ばれるジャンルもある。

さぁ、早速聴いてみよう。
今回は比較的ゆっくり目の『ミニマル』を見つけたので紹介しよう。

100M↓(ゆったり目。音の刻み方が絶妙。)
試聴する。
tp://ftp.scene.org/pub/music/groups/realaudio/
ramx004_01_monoide_-_tanzkurs.mp3

80M↓(『ミニマル』らしい音と、明るさが出ているMIXES)
試聴する。
ttp://shazbotica.com/audio/mixes/shazbot-spastic.mp3
80M↓(『ダブテクノ』や『ミニマル』の実験的要素が強いMIXES)
試聴する。
ttp://shazbotica.com/audio/mixes/shazbot-how_peculiar.mp3
80M↓(『ミニマル』でゆっくり目が多い)
ttp://shazbotica.com/audio/mixes/shazbot-slow_down.mp3
80M↓(『ディープミニマル』中心のMIXES)
ttp://shazbotica.com/audio/mixes/shazbot-even_deeper.mp3
90M↓(『ミニマル』と『ミニマルハウス』中心。幻想的な感じがGOOD!リバーブなどが気持ちよい。)
ttp://www.steveedwards.us/steve-edwards----micro-management.mp3

一応『ダブテクノ』も紹介しておきます。
70M↓
試聴する。
ttp://livingrecords.info/audio/mixes/rice%20puddin.mp3

 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACKLISTは続きを読むで
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 09:08 | comments(4) | trackbacks(0) |
プログレッシブ・トランスMIXES5
今回もまた
Progressive House / Progressive TranceのMIXESでも紹介します。

今日紹介するのはDJ ENRYさん(enry website)

とっても素敵な曲が多くて最高です。日本人好みのメロディックで素敵。そこら辺のCDより全然いいんじゃないでしょうか。有名曲ばかりなのもうれしい!
プログレッシブハウスやプログレッシブトランスはとっても気持ちが良くていい感じですね。

すべて100M以上の192kbps最高音質でGOOD!!

ベースボール↓Progressive House / Progressive Trance
試聴
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Mix%2006.mp3

サッカーボール↓Progressive House / Progressive Trance
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Mix%2007.mp3

バスケットボール↓Progressive House / Progressive Trance
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Movement.mp3

地球↓Progressive House / Progressive Trance
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20New%20Encounters.mp3

ベースボール↓Progressive House / Progressive Trance
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Night%20and%20Day.mp3

サッカーボール↓Progressive House / Progressive Trance
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Reflex.mp3

バスケットボール↓普通のTRANCEのみのMIX。かっこよすぎです!!
幻の名曲Red Sun-Amaterasu(Tokyo Mix)が聴けるとはw
試聴
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Living%20The%20Good%20Life.mp3

地球↓House / Trance中心のMIX
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Mix%2008.mp3

ベースボール↓House / Trance中心のMIX
ttp://music.enry.net/media/Enry%20-%20Mix%2009%20Preview.mp3

サッカーボール↓『ディープハウス(DEEP HOUSE)』のMIXです。
試聴
ttp://music2.enry.net/Enry%20-%20Touched%20By%20The%20Sun.mp3


 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACK LISTは続きを読むで。
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 12:43 | comments(1) | trackbacks(1) |
トランスアンセムMIXES1
今日紹介するのは『トランスアンセム(Trance Anthem)』です。
メールでリクエストが多かったので紹介しますね。

『ダッチトランス(Dutch Trance)』などの、まさにトランスと言うMIXESです。
Sebbit WEBSITEはこちら

http://www.saugplatz.de/trance/
↑Sebbit MIXES PAGE

20M前後↓
試聴
http://www.saugplatz.de/trance/01_-_Sebbit_-_Trance_Mega_Mix_2004.mp3

試聴
http://www.saugplatz.de/trance/
02_-_Sebbit_-_Trance_Emotion_Mix_2004.mp3


http://www.saugplatz.de/trance/
03_-_Sebbit_-_Trance_Autumn_Mix_2004.mp3


http://www.saugplatz.de/trance/
04_-_Sebbit_-_Trance_Winter_Mix_2004.mp3


http://www.saugplatz.de/trance/
05_-_Sebbit_-_Trance_All-Weather_Mix_2005.mp3


http://www.saugplatz.de/trance/
06_-_Sebbit_-_Trance_Autumn_Mix_2005.mp3


2006/4/21
newNew mix! TRANCE CILL MIX! GOOD!
試聴
http://www.saugplatz.de/trance/
07_-_Sebbit_-_Trance_Chill_Mix_2006.mp3


短いながら鋭いカットインでかなりの曲を入れてますねw


 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACK LISTは続きを読むで。
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 11:26 | comments(7) | trackbacks(0) |
プログレッシブ・トランスMIXES4
『プログレッシブトランス(progressive trance)』は私のブログでかなり人気があるので紹介。

やっぱり人気があるよね。トランスはプログレッシブできまり!

試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。)
ttp://www.dualprogress.com/wmcmix/
Dual%20Progress%20-%20Road%20trippin%20to%20WMC%2005.mp3

閉めで、Underworldの曲使っちゃうあたりがいい感じですw

 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)


↓TRACK LISTは続きを読むで。
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
トリップホップMIXESとジャンル説明
ラブ『トリップホップ(Trip-Hop)』ラブ

『ヒップホップ(HIP-HOP)』のゆっくりとしたビートに乗せて「DUB(ダブ)」系のリヴァーブなどのフィルターがかかる。その音楽を聴いただけでトリップしてしまうかのように感じる。
それが『トリップホップ』。『ダウンテンポ(DOWN TEMPO)』系のテクノの中でもアブストラクトで特徴的なジャンルの1つだ。

 何か、神秘的なような、ダークな匂いのする怪しげなテクノジャンル。
そんな『トリップホップ』の魅力に魅せられる人は少なくない。
今まで、『ロック(ROCK)』や『メタル(METAL)』を聴いていた人も、なぜかこのジャンルが好きになる人が多い。(ロック系のアーティストもよく作る)

おや?もともとこのジャンルは『アンビエント(AMBIENT)』系の発展ジャンルで、90年代の後期になり登場して映画音楽として使われ一気に加速した。
 今でも『トリップホップ』は映画のサントラでも多く使われる。使われる映画はさまざまなだが、「死」「天国」など、生と死に関する音楽に使われることが多い。また「精神」に関する映画やドラマでも多く使用される。

 それは『トリップホップ』の音楽を聴けば一目瞭然である。

この音楽を街で聴けば、人々が動いている中、自分の時間だけが止まっているかのように感じるし。部屋で聴けば自分だけの空間が生まれる。
聴く時々によって、毎回違ったさまざまな気持ちを呼び起こす音楽である。

そんな『トリップホップ』の代表的なアーティストは"MASSIVE ATTACK(マッシブアタック)" "BJORK(ビョーク)" "DJ KRUSH(DJクラッシュ)" "UNKLE(アンクル)"、それに"DJ SHADOW(DJシャドウ)"なども独自の空間を作り出すこの『トリップホップ』を作り出すアーティスト達だ。
(↑のアーティスト達はこの音楽が好きなら間違いなく買いなアーティストです)

このダークで美しいジャンル『トリップホップ』は『アンビエント』から始まり、
90年代後半に『アンビエントブレイクス(anbient breaks)』と言う、アンビエントにゆっくり目のブレイクビート乗せるサウンドが登場し、そのジャンルに「ヒップホップの要素」と「DUBの要素」を足した音楽が『トリップホップ』である。
(厳密に言うと、『アブストラクトヒップホップ(abstract hip hop)』を足した音楽。)
つまり、発展経由としては
『アンビエント』→『アンビエントブレイクス』→『トリップホップ』
       (↑ブレイクビーツの要素) (↑HIPHOPやDUBの要素)
と言う形である。

ワッ!『トリップホップ』の特徴的な要素は主に4つ。

,縫▲鵐咼┘鵐汎伴の空間を作り出すゆっくり目の要素。
⊆,法DUB」と言う要素がある。この「ダブ」とは、もともとは『レゲェ』で使われていた要素で、エコーやリバーヴなどの元の音を伸ばしたり、重ねたりするフィルタことで、音の広がりを感じさせる要素の1つだ。
そして『ヒップホップ』のビート要素。『ヒップホップ』は80〜90のBPMが基本だが、こちらはさらに遅くしたものもあり60〜80BPMが基本とされている。初期の『トリップホップ』ではよくラップなどが使われていたが、ジャンルが浸透するにつれ次第にラップ的な要素も無くなり女性ボーカルなど神秘的な声をもつボーカルが使われるようになった。
い修靴討發Δ劼箸弔瞭団Г蓮屮▲屮好肇薀ト(abstract)」これは「抽象的な, 観念的な, 理論的な; 非現実的な,」と言う意味で、音楽では神秘的なダーク、ドープでメローな音楽と言うものを表現するときに使われる。
以下4つの要素を多く含んでいる。


ワッ!『トリップホップ』は別名『ダブホップ』と言う呼び方もする。
トリップホップの名前の由来は
…阿い討い襪世韻TRIP(トリップ)してしまう意味で日本訳では「幻覚」「旅行」など
△如HOPとは意味合いで「飛ぶ」「ダンス」「飛躍」などの意味。
まさに聞いたままの要素である。


ワッ!次にこの『トリップホップ』の周辺には似た要素を持つジャンルがいくつかある。どれも雰囲気が似ているため、聴き分けがしづらく、ほとんどのDJが一緒くたに流すことが多い(同じ要素を含んでいるため。)
『アンビエントブレイクス』『ダウンビート(DOWN BEAT)』『イルビエント(ILLBIENT)』『アブストラクトヒップホップ(ABSTRACT HIP-HOP)』などがその代表である。
ラブ『アンビエントブレイクス』:このジャンルは先ほど話したトリップホップの前のジャンルである。"ROB D"や"MOBY"と言ったアーティストとがこのジャンルを多く作る。比較的スピードが速く、ダークさは少ない。アンビエントらしく、感じる要素がある音楽。
ラブ『ダウンビート』:もっともよく似たジャンルで"BJORK(ビョーク)"などがこのジャンルを多く作る。「ブリブリ」と言うACIDの音が使われているのが主な特徴。ヒップホップ的な要素が少なく、JAZZ的な要素が加わっているもの多い。
ラブ『イルビエント』:完全にメロディを無くし、アンビエント要素を追求した形。"UNKLE(アンクル)"などがよく作り出す。。ヒップホップの要素は無く、完全にBGMに特化していて落ち着いていながら異様なドープな空間をかもし出すジャンル。
ラブ『アブストラクトヒップホップ』:その名の通りアブストラクト的な要素と、完全にHIPHOP系の音楽なのが特徴。
と、類似したジャンルがあるがどれも似た要素を持っているので、区別する必要は無いと思う。『トリップホップ』が好きな人はこの辺を攻めるとよいアーティストが見つかる。

モゴモゴまた注意してもらいたいのはラブ『ダークアンビエント』と言うジャンルだ。サイト上でも間違って使っている人も多いが、このジャンルはまったく別物で、『トリップホップ』とは似ても似つかない音楽なので注意。
さて、ここまで紹介した『トリップホップ』を多く含むMIXESを紹介するとしよう。また、『アンビエントブレイクス』『ダウンビート』『イルビエント』『アブストラクトヒップホップ』も多々含まれているのでその辺は気にせず一緒と考えて聴くといいと思う。

今日はC-DE OneさんのMIXES中心(WEB
↓サーバーの都合のため、以下「試聴」できないパソコンもあります。その場合はダウンロードしてお楽しみ下さい。

きのこレッド45M↓
試聴
ttp://www.musicv2.com/mp3_request.m3u?
m=download&id=9408&url=/bank/ewiazo/839_new.mp3


きのこブルー50M↓
試聴
ttp://www.musicv2.com/mp3_request.m3u?
m=download&id=7226&url=/bank/ewiazo/839_CDE_One___Track_01.mp3


きのこグリーン27M↓
試聴する
ttp://www.musicv2.com/mp3_request.m3u?
m=download&id=8259&url=/bank/ioeasp/839_vol_one.wma


きのこレッド10M↓(こちらは以前ブログで紹介した曲)
試聴する
ttp://www.musicv2.com/bank/ioeasp/839_CDE_One___Lost.wma

きのこブルー24M↓(こちらも以前ブログで紹介した曲)
試聴する
ttp://www.musicv2.com/bank/ioeasp/
839_CDE_One___Shadows_Under_The_Pale_Moon_Light.wma


きのこグリーン70M↓
ttp://www.mv2media.com/mp3_request.m3u?
m=download&id=12740&url=/bank/ewiazo/839_Feeling_Blue.mp3


きのこオレンジ70M↓(ロックが強い。中間がトリップホップなど少し。)
ttp://www.musicv2.com/mp3_request.m3u?
m=download&id=9837&url=/bank/ewiazo/
839_CDE_One___No_Destination_In_Particular.mp3


また「WMA」形式のファイルがいくつかあります。「WMA」を「MP3」に変える方法は後ほど教えますね。

 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACK LISTは続きを読むで。
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(3) |
Ben LostのMIXES
"Ben Lost(ベンロスト)"。私の好きなDJ(アーティスト)の1人です。

彼が得意とするのは
『プログレッシブハウス(ProgressiveHouse)』『トランス(Trance)』で、
まさにプログレッシブなハウスで始まり、トランスで美しく終わると言ったような理想と言うべきMIXをするので大好きです。

最近になってさらに盛り上がりを魅せているジャンルが『プログレッシブトランス(Progressive Trance)』なんですが、最近『プログレトランス』をやる人が増えてきて、『プログレハウス』と混ぜる人も多くなってきて、混合してるんですが、
 私的には『プログレッシブハウス』も結構好きなので、こおうしてはっきり分けてくれているアーティストがいるとうれしいですね。

Ben Lost、彼はプログレッシヴトランスレーベルLOST LANGUAGEでA&Rを勤めています。
彼は『プログレッシブハウス』中心でとってもいい感じ。
さすがA&R。有名どころから、鋭いところまでいい曲かけちゃいます。
(A&R→Artist&Realityとは、制作スタッフのことで、新人アーティストの発掘、アルバム制作にかかわる人のこと。)
それにしてもトランスのアーティストってカッコいい人多いよねw

日本にも3度ほど来日していて、今年渋谷に来たときにイベントに行かせてもらいました。

彼の流すDJ MIXは知らないアーティストも多くて、新しいアーティストも探すにも彼のプレイを聴くといいですね。
Ben LostのWEBSITEはこちら→http://www.benlost.com/


さてさて、早速そんなBen Lostの2003年のDJプレイを聴いてみよう!
(彼のMIXしたCDも、どんでもなく名盤なのに、日本では入手困難だからこうしてMIXがダウンロードして聴けるなんてすばらしい!!)
"Armin van Buuren"や"Salt Tank"や"Paul Oakenfold"なんかが好きな人は絶対気に入ると思います。

100M↓(1時間50分のMIXです。音質もいいですね!)
試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。サーバーによっては試聴はできないかも。)
music2.enry.net/Ben%20Lost%20-%20Exposure%20Festival%202003.mp3

そのままi-podに入れちゃおう!

 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

Ben Lostのお勧めCDはこちら
| DJ_MIXES曲DL_03 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
DJや箱の教祖David MancusoのMIXES
今日はDJの誰もがあこがれるDJ、デビット・マッキューソのMIXを紹介。
彼が作り出す最初のDJサウンドを紹介するとしよう。
(テクノ上級者向けです。テクノ初心者は聴かなくて良し。テクノ中級者以上、および日本のハウスDJなどに聴いてほしい音楽です。)


 ところで、私の大好きな『ハウス』音楽が良く流れる
地上波のFMラジオ局があります。
それが有名な「J-WAVE FM81.3」と「SHIBUYA-FM78.4」の2つ。
よく趣味のいいDJやハウス音楽が流れるとしても有名なJ-WAVEですが、私はSHIBUYA-FMも良く聴きます。

 SHIBUYA-FMではゲストがDJした作品をダウンロードできるんです。これならラジオが聴けない地方の人も大変うれしい!
そんな中でSHIBUYA-FMでライブした大物ゲスト
”デビット・マンキューソ(David Mancuso)”のMIXESを紹介しようと思ってます。

デビット・マッキューソはプライヴェート・パーティ<THE LOFT>をニューヨークの自宅アパートにて開き、その後NYの最初の箱「LOFT」として現役で活躍。今日のアンダーグラウンド・パーティの礎を築いた偉大なる始祖。
とにかく、私のようにハウスDJをやっている人にとって誰もが尊敬する人物であり、彼が日本に来日したときは迷わず言っちゃうほど好きな人です。
(DJやってる人、テクノ通なら、箱の歴史を知らなきゃ!)
 
彼の作り出すDJサウンドはジャンルにまったくとらわれないサウンドで、正直感動します。(いい悪いは別として、DJとして学ぶことがたくさんある。日本のライブでも彼ならではの空間を作り出しちゃうんだから驚く。)

彼の代表的な音楽としては、『ジャズ』、『アフリカ』、『ラテン』、『ソウル』、『R&B』、『ファンク』、『ロック』、そして『テクノ』に『ハウス』 とにかく、ごちゃ混ぜ。(ジャズ系が強いのも特徴!)

そんなどのジャンルにもとらわれないサウンドをDJとして、1曲にして作り出すデビット・マッキューソ。彼を知らないテクノ通の人も、どこかのクラブDJのお兄ちゃんも。ぜひとも彼のプレイを聴いてほしいと思っています。
<彼、David MancusoのWEB SITE。>
 これが最初の箱(THE LOFT)で活躍していた、今でも現役のDJの音楽です!!


ここからDJの人は何か新しいDJプレイをするきっかけをつかんでほしいと思ってます(私は彼のプレイを聴いて、イベントで『ジャズ』を流すようになった。)

早速彼の、本場のDJを聴いてみよう。
(rmファイルもあります。ですのでrmをMP3にしたい方やrmをCDに焼きたい人は
rmファイルをCDに焼く」までどうぞ。)

スペード50M↓試聴する(ジャズあり、ディスコありとってもCOOL!)
ttp://dhpmixes.com/mixes/DavidMancusoJapan073105.mp3

ハート20M↓試聴する(ハウス曲。素敵なハウスだ・・)
ttp://www.dhpmixes.com/mixes/DavidMancusoApril2005.rm

クローバー50M↓試聴する(ジャズあり、ディープハウスあり、レゲェあり、)
ttp://dhpmixes.com/mixes/DavidMancusoTheLoftinNYCLive051030.mp3

ダイヤ50M↓試聴する(アフリカ一身!ラテンなどワールド系)
ttp://dhpmixes.com/mixes/DavidMancuso092605.mp3

スペード50M↓試聴する(ジャズ!そしてギター!カッコいいジャズばかり!!)
ttp://dhpmixes.com/mixes/DavidMancuso050709-01.mp3

ハート20M↓試聴する(ファンキーかつジャズっぽくゆったり)
ttp://www.dhpmixes.com/mixes/DavidMancusoMay2005.rm

クローバー20M↓試聴する(気持ちよい感じるハウス。日本のあの曲も)
tp://www.dhpmixes.com/mixes/DavidMancusoJapan1.rm


もはや、彼のDJ MIXにジャンルと言う境目は存在しない。
普通のジャズがあれば、ロックもあるし、かと思えばブラジル・・・。それがすべて1曲となることにより、すべてを飲み込むことができる。
超越した空間を作れる。それがDJなのです。そういうことを教えられます。
 つながって無かったり、ジャンルがばらばらなのに、なぜか最後まで聴くと、とってもいい気分になります。
(選曲がうまいからだろうなぁ・・・。完全に彼の空間が造れてる・・)


彼のDJ MIXED CD「THE LOFT」シリーズもアマゾンでは現在買えませんが、レコードショップのCDを売っているところでは買えるかも。。とにかくプレミアが2万とかついているので見つけたら絶対買うべし!
LOFTシリーズはこのMIXESよりもすばらしいデキなので
「★★★★★」星5個贈呈します(DJやテクノ通は買ってほしい1枚)


 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACK LISTは続きを読むで。
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_03 | 09:54 | comments(6) | trackbacks(0) |
FunkyBreaksとBigBeat
今日紹介するのはとっても男らしく、そして聴きやすいテクノ音楽。
それが『ビッグビート(BigBeat)』です。

さてさて、そのルーツとは何でしょうか。
『ビッグビート』は1993年ごろに登場した音楽です。
最初は楽しく踊れるダンスミューシックでした。ファンクなノリで踊れる音楽。
しかし、それが一般ウケし、いつの間にかダンスミュージックすらも超越した一般的な音楽になって行きます。

『ビックビート』は、主に
 悒屮譽ぅビーツ』+『ロック』=『ビックビート』
◆悒屮譽ぅビーツ』+『ヒップホップ』=『ビックビート』
この2つの理由が主にあげられます。しかし、この2つの要素のどちらが正解なのかはっきり証明しているサイトは日本には少ないです。
では、このルーツを探って、どちらが正しいのか検証してみましょう。

最初の『ビッグビート』の初期はファンク的なノリが強いのです。
それもそのはず。『ビッグビート』の発展前のジャンルに
『ファンキーブレイクス(Funky Breaks)』と言うジャンルが存在します。

『ファンキーブレイクス』とはその名の通り、
 悒屮譽ぅビーツ』+『ファンク』=『ファンキーブレイクス』
と、2つの要素を混ぜた音楽です。

『ブレイクビーツ』は元々『ヒップホップ(HIPHOP)』の発展ジャンルです。
ヒップホップにダンスを取り入れた瞬間に『ブレイクビーツ』は誕生しました。
つまり
 悒劵奪廛曠奪廖戞棔悒瀬鵐慌山據戞瓠悒屮譽ぅビーツ』
ということが言えます。

この『ファンキーブレイクス』と言う音楽に『ロック』足した音楽こそが『ビッグビート』なのです。


OK?わかりましたか?

つまり、整理するとこうなります。
 悒劵奪廛曠奪廖戞棔悒瀬鵐慌山據戞瓠悒屮譽ぅビーツ』

◆悒屮譽ぅビーツ』+『ファンク』=『ファンキーブレイクス』

『ファンキーブレイクス』+『ロック』=『ビッグビート』

って感じかな。

では、早速『ファンキーブレイクス』を聴いて聴きながらおさらいしていきましょう。

40M↓(ファンキーブレイクスのMIXES。)
試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。)
ttp://www.outofthevoid.co.uk/influenza/mixes/
influenza_h0ffman_january2005.mp3


ファンキーブレイクを聴いていただけるとわかるとおり、初めはダンスミュージックのノリが残っています。
まさに、最初はダンスミュージックだったことがわかりますね。
しかし、それが『ビッグビート』となるとどうでしょうか。↓

60M↓(ビッグビートのMIXES)
試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。)
ttp://www.basslovaz.com/public/acme.mp3

試聴(外国サイトから許可をもらいリンクを引いています。)
ttp://djhoffman.com/hoffandmod-themasterplan.mp3

『ビッグビート』はファンクのノリがなくなった分、ずいぶんと身近な音楽となりましたね。さすがは『ロック』の要素といったところでしょうか。

こうして、現在の『ビッグビート』が誕生したのです。


 勉強になったと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_03 | 15:34 | comments(2) | trackbacks(0) |