テクノMIXES情報ブログ          (BODYブログ)

_

外国サイトでダウンロードしたMIXES曲をURLと説明で紹介
HOUSE/TECHNO/TRANCEのMIXES/MP3情報たっぷり!
またテクノについても語っていきます。古い記事でもコメント歓迎
 
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
   Today: 
Yesterday: 

ブログ更新を早めたいなら
クリック協力を↓

ブログ村音楽

こちらにも協力を↓ 月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
サウンドハウス
↑DJ機材お買い物にはぜひ

管理人のサイトに行く

管理者編集画面

カウンタ提供eucaly.net

45Radio.com

RSS1.0

Atom0.3

JUGEM

(株)paperboy&co.

アンケート
第一回:好きな(MIXES)ジャンル
HOUSE全般系
TRANCE 一般系
TRANCE PSY系
PROGESSIVE系
TECHNO系
BREAKS系
DNB系
HARDCORE系
DOWNTEMPO系
RAP系

HOUSE/GARAGE MIXES2
ハウスです。

『ハウス(HOUSE)』といえばやっぱり気持ちよく踊れる楽しい曲ですね。

今日はDJ }MOOSEさんのハウスをご紹介します。
10作品ほど公開している中で、そのなかでも気持ちよかったハウスMIXESをご紹介しましょう。

70M試聴
Podcast Sampler 1: Vocal
楽しいボーカルばかりのハウス。

100M試聴
Deep Dish :mix-18.mp3

70M試聴
Chill Hop Trip :mix-15.mp3
踊った後の『チルアウト(chill out)』や『トリップ(TRIP HOP)』でしょうか。マッタリできますねw

DJ }Moose
http://www.dj-moose.co.uk/index.html
GOOD HOUSE MIXES SITE!


 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
DownTempoMIXES1(ジャンル紹介とLounge)
 クラブ音楽の中で落ち着くジャンルといえば、このダウンテンポサウンドですね。このブログで紹介するのも久しぶりw

今日はそんなDown Tempo系のジャンル説明とともに、種類を上げていきます。
Down Tempo系のジャンルは主に
『ニューエイジ(New Age)』
『アンビエント(Ambient)』
『アンビエントブレイクス(Anbient Breaks)』
『チルアウト(chill out)』
『ダブ(DUB)/ダブテクノ』
『トリップホップ(Trip Hop)』
『エスニック(ETHNIC)/ワールドビート(World Beat)』
『ダウンビート(Down Beat)』
『アシッドジャズ(Acid Jazz)』
『ヌージャッズ(NU-JAzz)』
『ラウンジ系(Lounge)』
などが主な有名ジャンルでしょうか。他にも色々ありますがそれを踏まえ今後色々紹介していきます。

ダンテンポとは、主にゆったりとした曲ですね。
BPMが80-100くらいがメインで、癒し系や落ち着いて聴きたいそんなサウンドばかりです。
クラブ、ダンスミュージックだけでなく、
『ニューエイジ』『エスニック(ETHNIC)/ワールドビート(World Beat)』『ダウンビート(Down Beat)』などはテクノアーティスト以外も作る事が多く、一般ウケしやすく聴きやすいサウンドとなっています。
『アンビエント』は、「クラブ、ダンスとしての『アンビエント』」と、「テクノとしての『アンビエント』」とも分かれているのも特徴ですね。

「ダウンテンポ系」はクラブでは主に、曲が盛り上がった後にクラブ全体を落ち着かせるために流したり、フロアの「ラウンジ」と呼ばれる休むところで流れていたりします。
そのため、カフェなどのクラブ以外でも流れている事が多く、ダウンテンポ系はいつでも聞けちゃうのですばらしいです。

ダウンテンポのジャンルを一気にここでMIXES紹介すると探すのが大変なので、次回から一つずつ紹介していくことにしましょう。


今日はさらっとジャンルを書いただけなので、ダウンテンポの中いつでも聴けちゃう歌物が多い『ラウンジ』と呼ばれるジャンルのMIXES曲を紹介しますねw
40M
試聴
keyser_shuriken-live_at_tilos_party_1_010701.mp3

試聴
keyser_shuriken-live_at_tilos_party_2_010701.mp3

keyser_shuriken
http://tilos.hu/djk/keyser.html
GOOD MIXES!

60M
試聴
ttp://music.garagefm.ru/djsuhov_lounge_mix_summer2004.mp3


 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(2) |
【RAP/HIPHOP MIXES1】
と言うことで、たまにはラップ系ですね。
定期的にラップ系もこれから紹介していきますw
ラップ系のMIXESはネットに無限にあるのですから。
今日はゆったり目のHIPHOPやレゲェやR&BのMIXESをご紹介

約50M
試聴mp3ダウンロード

試聴mp3ダウンロード

試聴mp3ダウンロード

試聴mp3ダウンロード

試聴mp3ダウンロード

試聴mp3ダウンロード

DJ Meta 4 Lounge
http://www.podcastpickle.com/casts/14997/

 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
HOUSE/GARAGE MIXES1(SOUL)
更新しっかり開始!今後のMIXESについて」で話した通り、
ハウスMIXESは今まで「HouseMIXES5(エレクトロハウス)」、ガラージは「2step/UK garage mixes1(UKガラージの歴史)」まで紹介してきましたが、
『ハウス(HOUSE)』と『ガラージ(GARAGE)』を一緒のジャンルとしてMIXESを紹介しようと再スタートして行きたいと思います。

クラブで流行っている基本は
『テクノ』のような中心の機械的なジャンル。
『トランス』のようなシンセ中心のジャンル。
『ハウス/ガラージ』のような歌物ジャンル。
と、大きく分けられると思います(そのほかのジャンルも多々ありますが)
その中で気持ちよく踊れる、まさにクラブ向けのジャンルは当然『ハウス/ガラージ』ですね。


なぜ、『ハウス』と『ガラージ』を一緒に一緒にしようと思ったかといいますと、どちらも同じ分野だからです。

『初期のハウス』は『ガラージ』と当時呼ばれていたこともあり、歌に重点を置いたすばらしい歌物クラブミュージックです。ということもあり、ハウスやガラージ、そして初期のすばらしいハウスミュージックなどもここで紹介していけたらなと思います。

今日はその中でSOULの要素を持つハウスのMIXESを紹介します。

100M試聴ttp://www.djpmuzik.com/djmix/AfroAcidMix1.mp3
40分あたりから『アシッドハウス(ACID HOUSE)』になるのも面白いですね。

 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 12:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
TRANCE MIXES19(VocalとEURO)
さて、更新を一気にして、なかなかノリに乗って行きたいところ。

今日はお待たせの『ボーカルトランス(Vocal trance)』です。
ジャンル人気投票でも[トランス一般]は大人気と言うことで、みんなが求めているのは『エピックトランス(EPIC TRANCE)』あたりか『ボーカルトランス』か『アゲ系ユーロトランス(EURO TRANCE)』あたりと判断させていただいています。

10月にはきっちりアンケート調査を具体的に分けて、トランスの中でも色々投票を分けたいと思っております。

と言うことで、今回はその中でもトランス初心者がハマりやすいとされる『ユーロトランス』やキャッチーなボーカルもののMIXESを公開している「Dj Midnight」さんを紹介します。


ここまで、なぜトランスがブームになっているのか、それはキャッチーで家でも聴きやすい、たくさんのボーカルトランスが増えたからでしょう。
クラブに行かない人でも聴けてしまうトランス。

クラブ派の私はぜひとも一度はクラブに運んでほしいと思っているのですが、MIXESを通して「クラブに行って見たい!」なんて思ってくれるとよいですね。

約全100M↓

試聴DJ Midnight - Midnight Sessions - Volume 04
↑ユーロトランス中心。

試聴DJ Midnight - Midnight Sessions - Volume 05
↑色々なボーカルモノ。

試聴DJ Midnight - Midnight Sessions - Volume 02
↑『ハピコア』要素も入った楽しいトランスw

http://djmidnight.blogspot.com/
GOOD Vocal trance MIXES SITE!
ダウンロードページにリンク↓
http://www.dragonminded.com/?inc=music/DJ%20Midnight

 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 14:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
TRANCE MIXES18(ProgressiveBreaks)
前回紹介した「DJ san mejor」さんですが、
そんな彼は『プログレッシブブレイクス(ProgressiveBreaks)』のMIXも手がけています。

今回、綺麗にMIXESのジャンルわけするために別記事として取り上げています。
『エレクトロハウス』で気持ちよいMIXを聞かせてくれた彼なんですが、
そんなMIXの中にひときわ輝く『プログッレッシブブレイクス』のMIXがありました。

『ブログレッシブブレイクス』
もっとも新しいテクノジャンルの1つ。私のもっとも大好きなアーティスト"BT"と"HYBRID"が得意とするジャンルです。
元々『ブログレッシブハウス』と『プログレッシブトランス』からの発展系のブレイクスとされています。
現在注目されるサウンドをぜひ聴いてみてくださいな。

San Mejor - Give Me A Break (Progressive Breaks)試聴



http://www.sanmejor.com/
GOOD MIXES SITE!


 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 02:56 | comments(6) | trackbacks(0) |
HouseMIXES5(エレクトロハウス)
今日紹介するのは「DJ san mejor」さんのMIXESです。

色々なジャンルをやっているので記事を2つに分けつつ紹介します。
彼を知ったのはハウスのMIXESを探していて知ったのでこちらを先に紹介します。

『ハウス(HOUSE)』はジャンルも多く、色々な特徴を持ったハウスがあるのですが、基本は踊りたくなるようなMIXばかり。
そんなすばらしいMIXを公開している「DJsan mejor」さんのMIXESはとってもすばらしいMIXでした。

ぜひとも聞いてみてください。テクノ(エレクトロ)要素を含んだハウスも多く、なんか一味違ったハウス音楽を体験できますよ。

80M↓
San Mejor - Bootylicious (Raw House Music) 試聴

San Mejor - Feel The Love (Summer House Mix)試聴

http://www.sanmejor.com/
音質も良く、トラックリストもついてよいですね!
GOOD MIXES SITE!


 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
TRANCE MIXES17(HardDance系ジャンル特集)
07/03/10文章修正

ちょっと、ハードコア特集に行く前に、
熱いトランスといえばこちらも忘れてはいけませんね。ハードダンス系のトランスです。(実はハードコア特集の記事を書いてたんですがその記事編集中にパソが熱で落ちて編集中のデータ消えちゃったんで、気分を変えてハードトランス系の記事にしましたw)

今日も暑い。だから熱いハードダンス系トランスのmixesを紹介しましょう。

ハードダンス系トランスとは一般に
『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』
『ハードトランス(Hard trance)』
『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE)』。
『ハードスタイル(Hard STYLE)/ハードダンス(Hard Dance)』
などがあります。(『トランスコア(TRANCE CORE)』などのハピコア、およびニュースタイルガバ系サウンドは「ハードダンス系」に入るかもしれませんが今回は紹介しません。ご了承下さい。)

ハードと言っても、曲が速かったり、うるさい!と言ったわけではなく、ベースがキツ目、でシンセが攻撃的なものが多いと言うトランスのジャンルですね。
ドン!ドン!と来るベースに重点が置かれているので、心地よいジャンルであります。
ゆっくりしたトランスながら、ドスンドスンと言う若干エコーがかかった独特のベースは首を振って踊っていると止まらなくなりますw

 その男らしい魅力に男性はハマることは必然なんですが、以外に女性の方がこのジャンルをdjしていることも多いのが特徴です。

元々ハードダンス系トランスの発展には2つの進化からなっております。

 1つは『アシッドトランス(acid trance)』と呼ばれるゴリゴリ気持ちいいTB-303の初期のトランス音楽から、うねる要素をとりいれた『ゴア』や『サイケ』と、真正面から突き進む『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』と言うジャンルに2分化さされたもの。
アジッドトランス→ゴア、サイケ
         →ハードアッシド

 もう1つは『ハードハウス』と呼ばれる音楽と深いつながりがあり、
ハウスの分かりやすい歌を完全に取り除いて、響く4つ打ちに完全に特化した『ハードハウス』の発展から生まれた『ニューエナジートランス(NU-ERG TRANCE)』。
『ハードハウス』がトランスの特徴を取り入れて、テンポをさらに加速させた『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE)』であります。

そこから2つの起点から生まれた『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』と『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE)』2つのジャンルがお互いに発展していき、『ハードトランス』や『ハードダンス』と言う形に進化を続けているのが現在のところです。

では早速ジャンル紹介をさらっとしてから、紹介のmixesでその音楽を確認してみてください(あくまでおおっぴらにジャンル解説しているため間違っている場合が多々あるので気軽にご指摘下さい。)

●『アシッドトランス(Acid Trance)』:
最初のトランスとも呼ばれるジャンル。80年代の最後にはすでにあったとされる音楽で『アシッドハウス』からの発展系音楽。130bpm以上の速さを持ち、この頃は、ベースはそれほどキツくなく、TB-303のゴリゴリ音を大事としていた分かりやすい音楽。ここからトランスのすべては始まったといってよい。

●『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』:
『ゴア』や『サイケ』のようなTB-303のアジッド音のゴリゴリを、ピッチを上げ下げでうねらせると言うことはあまりせず、本来のアシッドらしい使い方でゴリ感を大切にし、一定の重低音のベースはアレンジを加えず突き通した音楽。

●『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE or NRG)』:
『ハードハウス』からの発展系とされている音楽で、『ハードトランス』よりもベースはキツく無く、メロディもシンセのウネウネが『ハードトランス』よりもあったりと聴きやすい。レイブの影響を受けているサウンドも特有。ハードハウスを受け継いでいるため、定期的に聞こえる声や掛け声の要素も入っている。ベースラインはかなり種類があるのでその辺はこだわりは無いようです。とにかく『ハードハウス』にトランスの要素を入れたと言う感じが分かりやすいかと思います。(基本現場ではNRGとは使わない模様。)
ハードハウスについての深い説明はワキペディア「ハード・ハウス」参照

●『ハードトランス(Hard trance)』:
ゴリゴリのTB-303要素は無く、トランスのベースを正しく無機質に出しつつ、シンセが攻撃的な気持ちよい音楽。
『オールドスクール・ジャーマントランス(OLD GERMAN TRANCE)』の要素をが入っている事が特徴的。シンセの方をうねらせてメロディを出しつつもベースはきっかり硬く曲げないサウンド(はっきりと4つ打ちが確認できる)で、繰り返しを多様させ、派手で攻撃的なシンセが特徴的。
『ニューエナジー』とかなり似ていて初心者は分かりづらいかもしれませんが、より硬いベースラインなのが『ハードトランス』と覚えるとよいかも。

●『ハードスタイル(Hard STYLE)/ハードダンス(Hard Dance)』:
『ハードトランス』のよりハードが強調されたもの。ガンガン響く硬く強いベースはそのままで、シンセがさらにキツく、攻撃的になったもの。「キュイ!キュイ!」と言うような攻撃的なシンセで、『ガバ』の要素を受け継いでいるかのような攻撃的シンセが心地よい。別に速いわけでは無いが、シンセがあまりにも攻撃的でそちらが気持ちよいといった感じでしょうか。

●『ハードスタイルニューエナジー(Hard STYLE NRG)』:
現在こちらのジャンルにニューエナジーは移りつつあるようです。攻撃的なシンセのハードスタイル要素をニューエナジーが取り込んだような感じ?ジャンとして確定しているかは私は分からないんですがw

さてさて、かなり長くなってしまいましたが、ぜひぜひmixesを通してこの音楽を知ってもらいましょう!私の説明がハードダンス系では間違いも多いと思われるので試聴して実際に確認していただくと幸いです。(試聴以外の、url直リンクの許可が出ませんでしたので、urlをコピーしてダウンロードしていただくか、ダウンロードページに行ってダウンロードしてください。)

▼↓mixesのダウンロードは続きを読むで↓▼
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_05 | 01:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
Goa/Psychedelic Trance MIXES7
夏だ!海だ、そしてサイケ!

と言うことで夏!暑いときはやっぱり踊りなPSY!と言うことで(ぇ
まぁ、暑いのでへたなダジャレも許してくだPSYな(2度押しw

つー、わけで暑いときこそさらに暑い音楽、
『ゴア(Goa)』や『サケデリック・トランス(Psychedelic TRANCE)』を聴きたくなる今日この頃です。
暑いときには、涼しい音楽を聴くのもありですが、こうしてさらに暑い音楽を聴いて踊りまくっちゃいましょう!
でもって踊りつかれたら『アンビエントサイ(AMBIENT SPY)』を聴いて癒されつつ、水風呂にでも入って汗を流す!これでOK!

『ゴア(Goa)』、『サケデリック・トランス(Psychedelic TRANCE)』

100M試聴Yakus_-_Tribal_Earth

70M試聴dolphin_psyence

60M試聴Danee-Brand_New_World

90MDanee-its_magic_over_there

90M試聴NasCa-PerAsperaAdAstra

100M試聴kemo_-_forest_of_odd_creatures

50Mdolphin_popsza

80MShow-malivemixSaintTropez

90Mdanger-tequila_sunrise_mix

100Mnuon_vs_danee-there_is_no_spoon

70Mdj%20danger%20-%202005%20november%20mix

50Mdolphin-classic.mp3

130M01-va_-_kades_-_testing_phase_(morning_edition

130Mpet-%20feel%20the%20sunrise

『プログレッシブ・サイ(progressive psy)』
80M試聴dj_goasphere_-_progressive_psychedelic

100M試聴Pet-1st_promo.mp3

『アンビエント・サイ(AMBIENT SPY)』
110M試聴Agentm_-_Quiescense

と言うことで今回はこのゴアの有名サイトで公開されているMIXESを紹介させていただきました↓
Goa.hu
BEST GOA SITE!GOOD!

 よいMIXESだと思った人は「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

次回は熱さ全快のハードコア系のMIXESを紹介。熱い熱いハードコア特集ですね。
| DJ_MIXES曲DL_05 | 23:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
2step/UK garage mixes1(UKガラージの歴史)
更新再開!(待たせた人申し訳ありまぬ)

と言うことで、今日は"UK garage (ユーケーガラージ)"と、"2step(ツーステップ)"。2つのジャンルを中心に、"SPEED GARAGE(スピードガラージ)"から今話題の"4×4(フォーフォー)"と"Grime(グライム)"まで紹介しようと思います。
試聴試聴

『R&B』が好きな人は多いのに『2ステップ(2step)』を知らないなんて人生を損してます。
『ハウス』が好きなのに『UKガラージ(UK garage)』を知らないなんてもったいない!
『HIPHOP』が好きなのに今UKで流行の『Grime(グライム)』を知らないなんて遅れてますよ。
『テクノ』や『ハウス』が苦手な人でも、歌物ばかりの気持ちい音楽『ガラージ(garage)』を知らないなんて・・・。ねw
とにかく、オススメのボーカルばっかしのジャンルですので、ぜひともこのジャンルを知らない方には知ってもらいたいと思います。テクノやダンスミュージックに興味ない人もぜひとも聴いていただきたいジャンルです。

よくネット上では"UKガラージ"と"2ステップ"を一緒にされる方が多いですが実際は似て非なるものです。
ですが現在は一緒にされることが多いですね。

日本のインターネットでもこの2つの音楽が聴ける場所は少ないと思いますので、MIXESを通してこの2つのジャンルを知っていただけたらと思います。

 『2STEP』と『UK GARAGE』と言う歴史からさらっと見て行きましょう。
そもそも、ガラージというジャンルが分からない人がいるかもしれませんので『ガラージ(garage)』に付いて簡単に説明させていただくと、

『ハウス(HOUSE)』がダンスミュージックと言う踊るための音楽だと考えたときに、『ガラージ(GARAGE)』は『ブラックミュージック』のような黒人の「歌」に重点を絞ったジャンルです。重要視されるのはスイートな歌です。基本的にはハウスと同じ「ドンドンドンドン」と言う4つ打ちが基本とされています。

 『ガラージ』の歴史は今後記事で改めて紹介するとして、ニューヨーク"パラダイス・ガラージ"と言うクラブで流行ったことからその名が付きました。80年代にすでに生まれていた『ガラージ』という歌を重視した音楽。
 その音楽はニューヨークからアンダーグラウンドで広まっていきます。そのガラージに対抗して、イギリスで80年代後半から90年代初期にかけてジャズとの融合を果たし別サウンド『UKガラージ』となずけられ、こちらもアンダーグラウンドシーンで話題を集めてゆきます。
と言うことで、アメリカの発祥のガラージは以後『USガラージ』と呼ばれ、
イギリス流行したジャズ要素の入ったジャンルを『UKガラージ』と呼ぶようになりました(現在ではジャズ要素がなくなっていてもUKの独特の要素が入っていれば『UKガラージ』と呼びます)

さて、そんな『UKガラージ』は1995年頃から一気に火がつき始め名前を広めていきます。UKではそのときにつけられていた名前はいくつかあって、有名なところでは『ロンドン・ガラージ』とか『スピード・ガラージ』とか『サンデイ(日曜日)・シーン』などと呼ばれていました(私はUKガラージのことをロンドンガラージと中学のときにずっと思ってましたw)

1997年の夏になるころには世界中のクラブ雑誌やメディアも注目するジャンルに成長していきました。アンダーグラウンドと言うメディアを使わないで広がった音楽も、メディアに注目されるようになります。
有名曲は"187 Lockdown"の「Gunma」や"Double99"の「RIPgroove」などですね。
その中で注目されていたのが
「ハウス」と「ドラムンベース(DNB)」の要素を持つ『スピードガラージ(SPEED GARAGE)』、
レゲェでおなじみの声の「ラガ」と「ガラージ」をあわせ持つ『ラガージ(RAGAGE)』です。
2つのジャンルは当時流行っていた『ドラムンベース』の、ベース要素を受け継いでそれを「ガラージ」と掛け合わせたような独特のベースを持つジャンルです。
こちらも今回はMIXESを通して聞いていただきましょう。

 さて、そんなメディアに注目された『スピードガラージ』と『ラガージ』も当然メディアは話題性だけを取り上げるので、その年の終わり、次の年の始めごろにはまったく注目されなくなりました。
ここで、「UKガラージは終わった」という人々の声もあったようですが、実際はまったく違うものでした。

 今までアンダーグラウンドで口コミだけで広まっていく音楽がたまたまメディアに注目されラジオなどで流れたのですが、またアンダーグラウンドの音楽に戻っただけです。

1997年末ごろになると『スピードガラージ』と『ラガージ』の持つ、『ドラムンベース』的なベースを持った「ガラージ」は、その姿を『2ステップ(2STEP)』という本来のキック4つ打ちから、キックドラムを取り除いてた音楽、気持ちのよいステップ的なベース持つ音楽に変えてさらに発展していきます。

こちらの2ステップが流行った理由として有名なのは、当時の『R&B』の音楽と2ステップが音を合わせることが出来ることです。
2ステップを半分のテンポにすると『R&B』とのビートが合います。
このことでR&Bと2ステップを繋げることも可能ですし、当時発売のR&B音楽は半テンポ上げて2ステップとしてREMIXしてリリースされてゆき、それがそのままクラブで流れるようになって行きました。

その後2ステップはUKガラージのシーンの中でも別物としてしっかりとしたジャンルを持つことになりました。
"シャンク&ビッグフット"の「Sweet Like Choclate」が一位にかがやくなど
の『2ステップ』はUKの音楽として確立します。

現在では2ステップの要素を持ち、なおかつ4つ打ちがしっかりと入った『4×4(フォーフォー)』と言う音楽になり、
HIPHOPのラップの要素まで入った『グライム(Grime)』や『ダブステップ(DUB STEP)』になり、更なる発展し続けています。


さてさて、長々と話させていただきましたがそんな「UKガラージ」シーンを素敵なものにしていったジャンルを、MIXESを通して学んでいきましょう(すばらしいガラージのMIXESを世界中から集めて、厳選紹介します。)
ここまでの簡単なまとめ。

●『ガラージ(GARAGE)』:は「ハウス」と同じ4つ打ちながらブラックミュージックと言った黒人ボーカルによる歌に重点を当てた音楽。

●『UKガラージ(UK GARAGE)』:はジャズ要素を含んだイギリスで広まった音楽。気持ちよい軽いパーカッションやラッパ音、軽快なベースなどの音も入る気持ちのよい音楽。

●『スピードガラージ(SPEED GARAGE)』:はドラムンベースのようなベースを取り入れた音楽。4つ打ちとは多少異なるベースが特徴で、パーカッションなどはUKガラージを受け継いでいる。若干曲が速め

●『ラガージ(RAGAGE)』:は当時流行っていた「ドラムンベース」や「ジャンル」でおなじみのレゲェの声の要素「ラガ」と言う男性の歌が入る音楽。ベースは「ドラムンベース」の要素を取り入れていることも多い。

●『2ステップ(2STEP)』:は4つ打ちを持たない途中のキックを取り除いた2回の独特なベースが特徴。

●『4×4(フォーフォー)』:は今までの2ステップガラージの声や音の要素を受け継ぎ、4打ちに戻したもの。透き通ったボーカルの4つ打ちが特徴。

●『グライム(Grime)』:ラップの要素まで入ったガラージの最新のジャンル。盛り上がるラップがガラージとの融合。今までのレゲェの「ラガ」となまったく別物のラップが気もちよい、とっても聞きやすいHIOHOPサウンドになり現在流行中。似たジャンル『ダブステップ(DUB STEP)』と一緒にされることが多い。

以上のことを踏まえて、今回のUKガラージ特集のMIXESの中で見つけ出してください。

▼↓mixesのダウンロードは続きを読むで↓▼
続きを読む >>
| DJ_MIXES曲DL_05 | 14:46 | comments(3) | trackbacks(0) |