テクノMIXES情報ブログ          (BODYブログ)

_

外国サイトでダウンロードしたMIXES曲をURLと説明で紹介
HOUSE/TECHNO/TRANCEのMIXES/MP3情報たっぷり!
またテクノについても語っていきます。古い記事でもコメント歓迎
 
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
   Today: 
Yesterday: 

ブログ更新を早めたいなら
クリック協力を↓

ブログ村音楽

こちらにも協力を↓ 月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
サウンドハウス
↑DJ機材お買い物にはぜひ

管理人のサイトに行く

管理者編集画面

カウンタ提供eucaly.net

45Radio.com

RSS1.0

Atom0.3

JUGEM

(株)paperboy&co.

アンケート
第一回:好きな(MIXES)ジャンル
HOUSE全般系
TRANCE 一般系
TRANCE PSY系
PROGESSIVE系
TECHNO系
BREAKS系
DNB系
HARDCORE系
DOWNTEMPO系
RAP系

<< ゴア&サイケ絶対的名盤4 | main | ゴア&サイケ絶対的名盤6 >>
ゴア&サイケ絶対的名盤5
doofLet's Turn On"Doof"

さてさて、ゴアの名盤紹介も、5CD目。
今まで、「Hallucinogen」「Shpongle」そして「Pleiadians」、「Infected Mushroom」と紹介してきました。
ほかにも、「ASTRAL PROJECTION」や「Space Tribe」を紹介し、のちほど中級者用として、「S.U.N Project」や「GMS」。入門として「Juno Reactor」
くらい紹介すれば、ほとんど有名どころは制覇した感じになっていくと思います。

だが私のもっともオススメするゴア/サイケは原点。
つまりこの人忘れちゃ困るよ。ってアーティスト。それが今回紹介する"Doof"と言うアーティストです。

"Doof(ドゥーフ)"。このブログの左には私のもっともオススメするアーティストがずらりと各ジャンルで並んでいるわけですが、そのなかでゴア/サイケの最高のCDとあげているのがこの"Doof"です。
 ここまで紹介するのが遅れたのは今までゴア/サイケを紹介していく中で最終的にここにたどり着いてほしいと思ったからです。

私が300枚ほどゴアやサイケCDを持っている中で一番をあげるならこのCDになるでしょう。

まず、このCDの驚くべきところは2つ。
1つ目は、1996年と言うゴアやサイケにとって時代を変えた年に出た最高のアルバムであると言うこと。
2つ目は、すでにここでサイケは完成されていた。CDの曲構成が抜群である

この2つです。
まず、ゞ別椶里海CDのタイトルと同じ[Let's Turn On]となずけられた名曲はHallucinogenこと、Simon Posfordと一緒に作られた曲で、この曲が1994年にできていたと言う驚き。この曲が最初のサイケの誕生と言っていいほどのデキであると言うこと。ここがまずすごい。
 さらに◆↓、い般抄覆続く。ザ別椶念豌鵑罎辰燭衞椶砲靴突遒箸掘↓ΝГ半紊欧討い、そして╋別椶CD最高の盛り上がりを見せる。最後は曲目でゆったりと落とす。
と完全にCD一枚で構成ができている。

音の作りこみと、その音の練りこみよう、TB303の心地よい「ゴリゴリ」うねる音に、1996年だからこそできたメロディクな感じもGOOD。
『アシッドトランス』や『ミニマルテクノ』の要素が強いのもうれしい。

聴いてほしいのは3曲。
ゞ別椶里海CDのタイトルと同じ[Let's Turn On]まさに名曲。
6別椶[Youth Of The Galaxy]よくテレビ番組でも聴くことができるほど有名でメロディックな曲。
╋別椶[Destination Bom]は今まで 銑Ф別椶泙任あったからこそ最高なわけで、この曲のための前兆だったかのように見えるのもすばらしいね。

1994年にできた曲、1996年にできたCDなのに、今でも古臭くなく聴く事ができ一生聴くことができるCDです。


 私の中でテクノは1996年〜1997年が最高の年だと思っています。
このCDもそうですが、右で紹介している"Robert Miles"[Dreamland]"
"BT"の[BSCM] ,"Adam F"の[Colours]やこれから取り上げるだろう、
"Chicane"の[Far From The Maddening Crowds]などなど、1996と1997年はテクノにおいてもっとも新しいジャンルが完成されていた年であるといえる。

そんな時代のゴア/サイケの名盤は1995年に登場の、Hallucinogenはもちろん。そして1996年はこのDoofの「Let's Turn On」で決まり!!!

もちろん今じゃ買えないお店ばかりだからどこかCDショップやレコードショップで見つけたら必ず買っておくことをオススメする。

saikosoundsで全曲試聴可能↓(なんか若干MP3が壊れていて途切れ途切れになるなぁ・・・。)
http://www.saikosounds.com/japanese/display_release.asp?id=1593

桜このジャンルでは星6個贈呈王冠!【★★★★★★ラブ】(満点は星5個。)桜


 よいCDだと思った人は「にほんブログ村 音楽」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どの記事が人気かを判断させていただいています。)
| さらりとテクノCDレビュー1 | 04:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.body4649.com/trackback/356300