テクノMIXES情報ブログ          (BODYブログ)

_

外国サイトでダウンロードしたMIXES曲をURLと説明で紹介
HOUSE/TECHNO/TRANCEのMIXES/MP3情報たっぷり!
またテクノについても語っていきます。古い記事でもコメント歓迎
 
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   Today: 
Yesterday: 

ブログ更新を早めたいなら
クリック協力を↓

ブログ村音楽

こちらにも協力を↓ 月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
サウンドハウス
↑DJ機材お買い物にはぜひ

管理人のサイトに行く

管理者編集画面

カウンタ提供eucaly.net

45Radio.com

RSS1.0

Atom0.3

JUGEM

(株)paperboy&co.

アンケート
第一回:好きな(MIXES)ジャンル
HOUSE全般系
TRANCE 一般系
TRANCE PSY系
PROGESSIVE系
TECHNO系
BREAKS系
DNB系
HARDCORE系
DOWNTEMPO系
RAP系

<< Goa/Psychedelic Trance MIXES7 | main | 更新しっかり開始!今後のMIXESについて >>
TRANCE MIXES17(HardDance系ジャンル特集)
07/03/10文章修正

ちょっと、ハードコア特集に行く前に、
熱いトランスといえばこちらも忘れてはいけませんね。ハードダンス系のトランスです。(実はハードコア特集の記事を書いてたんですがその記事編集中にパソが熱で落ちて編集中のデータ消えちゃったんで、気分を変えてハードトランス系の記事にしましたw)

今日も暑い。だから熱いハードダンス系トランスのmixesを紹介しましょう。

ハードダンス系トランスとは一般に
『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』
『ハードトランス(Hard trance)』
『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE)』。
『ハードスタイル(Hard STYLE)/ハードダンス(Hard Dance)』
などがあります。(『トランスコア(TRANCE CORE)』などのハピコア、およびニュースタイルガバ系サウンドは「ハードダンス系」に入るかもしれませんが今回は紹介しません。ご了承下さい。)

ハードと言っても、曲が速かったり、うるさい!と言ったわけではなく、ベースがキツ目、でシンセが攻撃的なものが多いと言うトランスのジャンルですね。
ドン!ドン!と来るベースに重点が置かれているので、心地よいジャンルであります。
ゆっくりしたトランスながら、ドスンドスンと言う若干エコーがかかった独特のベースは首を振って踊っていると止まらなくなりますw

 その男らしい魅力に男性はハマることは必然なんですが、以外に女性の方がこのジャンルをdjしていることも多いのが特徴です。

元々ハードダンス系トランスの発展には2つの進化からなっております。

 1つは『アシッドトランス(acid trance)』と呼ばれるゴリゴリ気持ちいいTB-303の初期のトランス音楽から、うねる要素をとりいれた『ゴア』や『サイケ』と、真正面から突き進む『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』と言うジャンルに2分化さされたもの。
アジッドトランス→ゴア、サイケ
         →ハードアッシド

 もう1つは『ハードハウス』と呼ばれる音楽と深いつながりがあり、
ハウスの分かりやすい歌を完全に取り除いて、響く4つ打ちに完全に特化した『ハードハウス』の発展から生まれた『ニューエナジートランス(NU-ERG TRANCE)』。
『ハードハウス』がトランスの特徴を取り入れて、テンポをさらに加速させた『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE)』であります。

そこから2つの起点から生まれた『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』と『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE)』2つのジャンルがお互いに発展していき、『ハードトランス』や『ハードダンス』と言う形に進化を続けているのが現在のところです。

では早速ジャンル紹介をさらっとしてから、紹介のmixesでその音楽を確認してみてください(あくまでおおっぴらにジャンル解説しているため間違っている場合が多々あるので気軽にご指摘下さい。)

●『アシッドトランス(Acid Trance)』:
最初のトランスとも呼ばれるジャンル。80年代の最後にはすでにあったとされる音楽で『アシッドハウス』からの発展系音楽。130bpm以上の速さを持ち、この頃は、ベースはそれほどキツくなく、TB-303のゴリゴリ音を大事としていた分かりやすい音楽。ここからトランスのすべては始まったといってよい。

●『ハードアッシドトランス(Hard Acid Trance)』:
『ゴア』や『サイケ』のようなTB-303のアジッド音のゴリゴリを、ピッチを上げ下げでうねらせると言うことはあまりせず、本来のアシッドらしい使い方でゴリ感を大切にし、一定の重低音のベースはアレンジを加えず突き通した音楽。

●『ニューエナジートランス(NU-NRG TRANCE or NRG)』:
『ハードハウス』からの発展系とされている音楽で、『ハードトランス』よりもベースはキツく無く、メロディもシンセのウネウネが『ハードトランス』よりもあったりと聴きやすい。レイブの影響を受けているサウンドも特有。ハードハウスを受け継いでいるため、定期的に聞こえる声や掛け声の要素も入っている。ベースラインはかなり種類があるのでその辺はこだわりは無いようです。とにかく『ハードハウス』にトランスの要素を入れたと言う感じが分かりやすいかと思います。(基本現場ではNRGとは使わない模様。)
ハードハウスについての深い説明はワキペディア「ハード・ハウス」参照

●『ハードトランス(Hard trance)』:
ゴリゴリのTB-303要素は無く、トランスのベースを正しく無機質に出しつつ、シンセが攻撃的な気持ちよい音楽。
『オールドスクール・ジャーマントランス(OLD GERMAN TRANCE)』の要素をが入っている事が特徴的。シンセの方をうねらせてメロディを出しつつもベースはきっかり硬く曲げないサウンド(はっきりと4つ打ちが確認できる)で、繰り返しを多様させ、派手で攻撃的なシンセが特徴的。
『ニューエナジー』とかなり似ていて初心者は分かりづらいかもしれませんが、より硬いベースラインなのが『ハードトランス』と覚えるとよいかも。

●『ハードスタイル(Hard STYLE)/ハードダンス(Hard Dance)』:
『ハードトランス』のよりハードが強調されたもの。ガンガン響く硬く強いベースはそのままで、シンセがさらにキツく、攻撃的になったもの。「キュイ!キュイ!」と言うような攻撃的なシンセで、『ガバ』の要素を受け継いでいるかのような攻撃的シンセが心地よい。別に速いわけでは無いが、シンセがあまりにも攻撃的でそちらが気持ちよいといった感じでしょうか。

●『ハードスタイルニューエナジー(Hard STYLE NRG)』:
現在こちらのジャンルにニューエナジーは移りつつあるようです。攻撃的なシンセのハードスタイル要素をニューエナジーが取り込んだような感じ?ジャンとして確定しているかは私は分からないんですがw

さてさて、かなり長くなってしまいましたが、ぜひぜひmixesを通してこの音楽を知ってもらいましょう!私の説明がハードダンス系では間違いも多いと思われるので試聴して実際に確認していただくと幸いです。(試聴以外の、url直リンクの許可が出ませんでしたので、urlをコピーしてダウンロードしていただくか、ダウンロードページに行ってダウンロードしてください。)

▼↓mixesのダウンロードは続きを読むで↓▼
100m試聴
http://www.sonicrampage.org/mixes/Pearsall-SquatRocking2.mp3
『acid techno』中心。こちらでアシッドと呼ばれるサウンドを知りましょう。10分くらいからアジッドになりますね。

100m試聴
http://www.sonicrampage.org/mixes/Pearsall-SquatRocking1.mp3
『acid trance』系のmixes。こちらがいわゆる初期のトランス系ジャンル。最後は『hard acid trance』に

90m試聴
http://www.sonicrampage.org/mixes/Pearsall-CalledToValhalla.mp3
『hard acid trance』中心のmixes。途中は『nrg trance』や『trancecore』なども

100m試聴
http://www.sonicrampage.org/mixes/Pearsall-Eurotrash1.mp3
初期の『hard trance』中心。初期の『acid trance』も。

100m試聴
http://www.sonicrampage.org/mixes/Pearsall-Dreadnaut.mp3
初期の『NU-NRG TRANCE』中心。レイブ的な要素や、掛け声などの要素がまさに特徴的。

Pearsallさんのアシッドなmixesは彼のサイトPearsall's Tunes
でダウンロードしましょう。トラックリストつきで良し!
good mixes site!


70m試聴 DLLページへ
http://www.djcbr.com/mp3/
CBR-Back_with_a_VENGEANCE(TECHNO-HARDDANCE-HARDHOUSE)128.mp3
『Hard trance』中心。独特の硬いベースが響きますね。


70m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/Simon_Eve-December_2002.mp3
前半『Hard trance』と後半『NU-NRG TRANCE or NRG』中心。

80m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/morgan/Morgan-Decepticon.mp3
『NU-NRG TRANCE or NRG』ベースよりもメロディありきで掛け声などのがNRGらしく気持ちよい。


60m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/Nick_Sentience-March_2003.mp3
こちらも『NU-NRG TRANCE or NRG』。上記のNRGとはずいぶん違う感じるが現在はここまでメロディックなシンセがあるNRGも増えています。

70m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/Billy_Bunter-Promo_Mix.mp3
『NU-NRG TRANCE or NRG』中心。かなりメロディ重視なNRGですね。


55m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/Andy_Whitby-Full_HardNRG_Mix.mp3
こちらも『NU-NRG TRANCE or NRG』。これまたメロディックでほかとは違ったNRGですが、レイブ要素をかなり強めにしたタイプのものだと思います(trance coreみたいな感じもするけど・・・)たぶん『レイブ』曲と『NRG』の2曲を同時にmixしているからだと思う。



65m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/Ingo-DigiMix-vol03.mp3
心地よい『Hard STYLE』メロディがキツめですね。

60m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/ChrisC-Plymouth-Oct_2003.mp3
完全な『Hard STYLE』ですね。

50m試聴 DLLページへ
http://mp3.fevah.us/Karim-Live_2001.mp3
『Hard STYLE』な攻撃的な感じですが、『NRG』ポイですね。

ここまでで紹介したサウンドはすべて
HardNRG.com】のmixesのコーナーにありますし、ほかにも紹介していないmixesが50MIXESありました(全部ダウンロードすると3.5Gを超えます。)気に入ったらぜひぜひダウンロードしに行きましょう。

ドスの効いたベースはまさに夏や燃える感情そのものですね。
何かを忘れて踊るには最適でしょう。暑さを忘れてさらに熱くなることが夏には大事ですねw

 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)
| DJ_MIXES曲DL_05 | 01:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
Hard系も改めて聴きますと新鮮でイイですね。
しかし長時間だとキツいすw
攻撃的と言えば最近、Dark Tranceにかっこよさを
感じてしまいます。
個人的趣味では昔だとPlastic Angel とか・・・。
| shiira | 2006/08/24 2:54 AM |
初かきこになります!
よろしくお願いします!
hardstyleいいですねぇ〜。
これから大好物のhardcore特集ということで滅茶苦茶ウキウキしています!
頑張ってください!!!!
あ、あと一つ質問なんですが、gabber系統の曲はtrance系統の曲を作っているようなシンセ等でも作れるのでしょうか?
コレは気にくわなかったら答えてもらわなくても結構です・・。長文駄文失礼いたしました。でわ。
| 雲 | 2006/08/30 11:15 PM |
返信遅れてスミマセン。これからも宜しくです。

あと基本的にガバ系はトランスのシンセでも作成可能ですよ。ガバといっても種類によりますが
| body | 2006/09/20 9:05 PM |
Dark Trance>>
良いですね。なかなかこれといったCDはないですが良い曲もおおいですな。
| body | 2006/09/20 10:48 PM |
適当な解説、嘘ばっかり書くな・・・。

全部の音がTB使うわけ無いだろが・・・。


誤解生む事ばっかり書くな・・・。


第一、エナジーなんて言葉、今は現場で使われてません。


あるとしたら、フィンランド系のハードサウンドを、ハードエナジーと呼ぶくらい。

DJがミキサーのLOWを足したらハードトランス??


・・・アホか。


あまり人前で、そんな適当な事言わない方がよいのではないかと・・・。


| 現役DJ | 2007/03/11 7:53 AM |
ご指摘ありがとうございます。
私のブログはみなさまの修正により間違いを直していくようなスタイルをとっておりますので
記事のほう参考に変更させていただきます。
間違いを的確に指摘してくださればきちんとした修正ができると思います。

DJがミキサーのLOWを足したら>>
2度ほどそのようなイベントに行ったことがあり、ネットでも『ハードトランス』と明記されていてもありそう解釈もされているのかと思っておりました。こちらも修正します。

私はハード系DJとは今のところ繋がりがなく、きちんとした情報が無いまま書いてしまっているので申し訳ありません。色々と修正してくれるか、参考のURLなどを紹介してくれるとありがたいと思います。
| body | 2007/03/12 2:57 AM |









http://blog.body4649.com/trackback/501873