テクノMIXES情報ブログ          (BODYブログ)

_

外国サイトでダウンロードしたMIXES曲をURLと説明で紹介
HOUSE/TECHNO/TRANCEのMIXES/MP3情報たっぷり!
またテクノについても語っていきます。古い記事でもコメント歓迎
 
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   Today: 
Yesterday: 

ブログ更新を早めたいなら
クリック協力を↓

ブログ村音楽

こちらにも協力を↓ 月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
サウンドハウス
↑DJ機材お買い物にはぜひ

管理人のサイトに行く

管理者編集画面

カウンタ提供eucaly.net

45Radio.com

RSS1.0

Atom0.3

JUGEM

(株)paperboy&co.

アンケート
第一回:好きな(MIXES)ジャンル
HOUSE全般系
TRANCE 一般系
TRANCE PSY系
PROGESSIVE系
TECHNO系
BREAKS系
DNB系
HARDCORE系
DOWNTEMPO系
RAP系

<< トランス中級者的CD7(ATB) | main | TECHNO MIXES1(Minimal解説) >>
DAWNTEMPO MIXES3(Psy/Trance/究極!dubサウンド)
試聴しながらどうぞ。

ダンス音楽の究極!
テクノ・トランスMIXES情報ブログと言うことで、今日は、『サイケデリックトランス(Psychedelic Trance)』、『ゴアトランス(Goa TRANCE)』系の『アンビエントサイケ(AMBIENT Psy)/アンビエントゴア』や、
『イビザトランス(IBIZA TRANCE)』系の『アンビエントトランス(AMBIENT TRANCE)』などが入った、
トランス系『ダブ(dub)』にあたるすばらしいMIXをご紹介します。

テクノ・トランスMIXES情報ブログ音楽ジャンルはさまざま。その中で極地と呼ばれるジャンルが今回紹介する『ダブ(DUB)』と呼ばれるジャンルではないでしょうか。

まだブログでも紹介していないダブミュージック。
耳がテクノと言うジャンルに慣れてきたとき、または音楽を追求すると現れるジャンル。それがダブサウンドだと私は思っております。

ダブミュージックとは音にダブリングと言う技術で音を重ねていき、音にものすごいエコーやディレイ、リバーブなどをかけたフワフワしたサウンドです。
『レゲェ』から登場したと言われるダブサウンド。当然『テクノ』にもダブサウンド(『ダブテクノ(dub techno)』)はありますし、『ドラムンベース』、『アジッド』、『ジャズ』、『トリップホップ』にも登場します。

『アンビエント』のようなゆったり系に多く取り入れられたりもしますね。

そんなダブとはいったいなんなのか。クラブ系のアーティストもダブの虜になることも多く、
私の周りにいる音楽大好きDJ達にもこの『ダブ』と呼ばれるサウンドにたどり着いて虜になっているいる人はたくさんいます。


テクノ・トランスMIXES情報ブログではそれを今回音楽を聴く、作る立場から『ダブ』を考えていきたいと言います。

 音楽を追求する誰もがたどり着く先それは、「音楽の心地よさ」。この1点につきます。
 「あなたは何のために音楽を聴きますか?」と聞かれたらどう答えますか?
それは人それぞれ違います。「楽しみたいから」「現実を忘れたいから」「踊りたいから」「自分を励ますため」「BGMとして」などなど。
しかし、そのすべてにおいて言えることは「自分が気持ちよくなりたい」と言うことではないでしょうか。自分にプラスになるために音楽を聴きます。

では、一番プラスになる音楽のありかた。それは「自分を忘れられる曲」。または「音楽の世界に飲み込まれる曲」のことでしょう。
DJの立場に戻りますが、DJや曲を作る製作者は常にそれを考えています。
音楽を普段から聴いている人よりも、DJはたくさんのお客さんに「気持ちよくなってほしい」と普段から考えていますから。

そのDJ、作る側の人が「最高に気持ちよくなる」「心地よくなるサウンド」とは何か。それを考えた時に一番音楽に飲み込まれるサウンド。それが音にダブリングやエコーをつけて極端に空間を作り出す音です。
 ダブサウンドと呼ばれる技術は空間的な音楽を作り出します。聴いているだけでその音楽空間に飲みこまれ、ゆったりと心地よくなってしまうサウンド。それが『ダブ(dub)』と呼ばれるサウンドです。

音楽を作ったこともないし、DJでもないあなたでも「一番気持ちが良くなる曲はなんなのか?最高の音楽とは?」と常に考えているなら、この境地までたどり着くことでしょう。

DJには曲に意図的にリバーブをかける装置などもついていて、曲にダブサウンドをつけることができます。元々すばらしい曲に、エコーやリバーブをつけてダブサウンドにすることも可能です。

テクノ・トランスMIXES情報ブログさてさて、本題に戻りましょう。
そんな音楽に飲み込まれる空間を作り出す『ダブ』。
もちろんその音楽はトランスにもあり、
私がオススメする『アンビエントサイ』の"シュポングル(shpongle)"。
トランスでは聴かせるトランスにあたる『イビザトランス』の中にある『アンビエントトランス』。
この2つの『トランス』のアンビエントジャンルのダブ要素の詰まった曲をつなげたり、DJがリバーブをかけ、ダブにして流してつなげたMIXを今日はご紹介します。

ここまでこのブログでは、『トランス』と言う音楽をたくさんご紹介させていただきました。
たくさんのトランス音楽を聴いたあなたなら、このトランスのダブ的なMIXのよさがわかるかもしれません。

100M
Desimal - ambientdub mixダウンロード試聴
私の大好きな"shpongle"、"younger brother"、"global communication"などたまらない選曲がすばらしすぎます。私のお気に入りのMIXESの1つ!


そろそろ、音楽のコアなジャンルも紹介していこうかと思っております。そのほかの『タブテクノ』などのジャンルは今度紹介していきますね。
音楽の究極と呼ばれる『ダブ』。
音楽を追求すれば、必ずたどり着く先、そのサウンドの魅力に一人でも多くたどり着いてほしいと私は思っております。

 よいMIXESだと思った人はコメントか「人気音楽ブログランキング」へクリック協力を。(どの記事から多くクリック協力してもらえるかによって、どのジャンルが人気かを判断させていただいています。)

↓TRACK LIST↓
Desimal - ambientdub mix
01 - 00:00 - global communication - epsilon phase
02 - 08:13 - shpongle - around the world in a tea daze (ott remix)
03 - 15:27 - shpongle - once upon the sea of blissful awareness (esion jim remix)
04 - 22:15 - ott - smoked glass and chrome
05 - 29:21 - younger brother - crumblenaut
06 - 32:06 - younger brother - bedtime story
07 - 34:33 - shpongle - flute flute
08 - 36:39 - shpongle - around the world in a tea daze (origional)
09 - 44:20 - shpongle - a new way to say hooray
10 - 52:06 - global communication - 14-31
11 - 65:19 - ministry of sound - cafe del mar - (michael woods remix)
12 - 68:28 - liquid morphine - confrontatie
13 - 72:35 - liquid morphine - the tone t(h)ree - part 1
14 - 77:28 - autechre - vietrmx21
| DJ_MIXES曲DL_06 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.body4649.com/trackback/580607